登山日記
登山日記のメニューへ

■天王山(538m) 平成13年3月18日(日) 晴れ

天王山【写真】 里からみた天王山(この写真は4月に撮影)

きょうはハイキング気分で、岐阜の山歩きベスト55コースに紹介されている天王山に足を向けた。
この著書では「特選!」「360度大パノラマ」「大満足できる山」と大誉めの形容詞がやたらとつけてあるので、一度は登ってみようと前々からチェックをしていた。

  太鼓橋【写真】 太鼓橋から本殿までずっと続く石段

岐阜市からは、長良川右岸堤防をひたすら美濃方面に走ると、もみじで有名な大矢田神社に自然と行けてしまうのだ。
参道の鳥居近くに車をとめて、石造の太鼓橋を横目に石段を登る。結構きつい。
石段が終わると今度は本殿の前に出るが、本殿には登らず右横に歩いていくと登山口の標識がある。



 

源流を渡る【写真】 源流をまたぐと急勾配が始まる

沢沿いに進んでいくとカエデ林から杉林へと変るが、その杉の木には大量の花が咲いていて、
通過したとたん鼻水はでるわ、くしゃみはとまらないわ、山頂まで鼻水のかみっぱなしで道中は花粉症との壮絶なババトルを繰り広げることになった(T_T)
渓流の涼しげな音に多少慰めながらも、モミジ谷の源流をまたぐと次第に急勾配になり、ちょっと息が切れる。
先週の大日ガ岳の雪山から一転して晴天の低山に登ったので、暑いわ暑いわ、着込んできた服を一枚脱いではまた一枚脱いでを繰り返しているうちに、出発から50分で尾根に出た。
視界が一気に開け、長良川のゆったりと蛇行しているラインが眼下に飛び込んできた。
てっきり、ここが頂上かと見間違えてしまった(~~;;;

関、美濃市内が一望【写真】天王山頂上から関市、美濃市を眺める

標識に従いコブを降りて、また登ると天王山の頂上だ!
晴天の日曜・・・言うまでもなく銀座の賑わいである。
西には雪を被った御岳、乗鞍、西穂高岳。
北に甲賀山、東に舟伏山と伊吹山、そして南には岐阜市民の憩の山・金華山がゆうゆうと聳えている。
なるほど、見晴らしの良さではピカイチといえるだろう。



天王山頂上の標識【写真】品があるとはいえない手作りの標識

天王山は庭のようなもんだという関市のYさん(自称62歳)と山談義に花が咲き2時間も日向ぼっこをする・・・
帰路は大矢田神社に参拝してから、ゆっくり我が家に帰る。


 


ワンポイントアドバイス

<参考コースタイム>

登山口(50分)尾根(5分)天王山(30分)登山口
登り 55分
下り 30分

◆登山形式:往復登山(単独)

<見所>

文句なしの眺望、さえぎるものは何一つない。

<注意点>

もみじの紅葉の頃は、1Kmも先から交通整理が出るほどなので、シーズン中は避けたほうがいいかも・・・

<アプローチ>

マイカー利用が便利。岐阜市内からなら長良川右岸堤防をひたすら美濃市に向かって走れば、岐阜美濃線に出る。そこを右折し、少し走ると大矢田神社の標識があるので、左角にサークルKのある信号を左折すれば、そこから約5分で着く。
東海北陸自動車道を利用する場合は、美濃ICを降りてすぐ左折をし、しばらく走ると先ほどのサークルKの信号の手前に大矢田神社の標識があるので、その信号を右折する。


登山日記のメニューへ