登山日記
登山日記のメニューへ

天王山(538m) 平成16年12月11日 晴れ
まえがき・・・美濃市の天王山はお気軽ハイキングにもってこいの山で、里山愛好家から広く愛されおり、何度も繰り返し登られている山である。私が初めてこの山に登ったのは、2001年3月の桜が満開の頃。その翌年、仲間内で忘年会登山を計画し山頂ですき焼きパーティをして大騒ぎをしたが、それ以来の天王山である。

【写真】大矢田神社の楼門

もみじで有名な大矢田神社は、紅葉の時季ともなると遠方から車が押し寄せ、混雑を極める。
この時ばかりは駐車場も有料となるので、近隣の者は近寄らず、人波が去るのをただただ静観しているのだそうだ。



【写真】岐阜の天然記念物「さざれ石」

美濃市指定文化財の「楼門」近くに車を止め、参道を歩く。

左が岐阜の天然記念物「さざれ石」
見た目は、軽石みたいだ。





<・・・夫婦桧

見事なニ色紅葉・・・>



【写真】太鼓橋からスタート


10時45分 スタート

石造の太鼓橋の横から石段を登る。
最初の石段が終わると紅葉の見事な所に出て、そこで手と口を清めるための「手水」があるので清める。
そこから最後の石段を登って本殿の前に出る。
二拝してから右横に歩いていくと、「天王山」登山口の標識がある。

沢沿いに進んでいくとカエデ林から杉林へと変っていく。
モミジ谷の源流をまたぐと次第に急勾配になり、九十九折れになる。
スタートから40分で尾根に到着。
尾根から一旦下って登り返すと5分で「天王山」に到着!

11時30分 天王山

視界が一気に開け、長良川のラインが眼下に飛び込んできた。
北に甲賀山、瓢ケ岳。東に舟伏山、そして南には岐阜市最高峰の百々ガ峰と金華山が見える。
気温が17度と高く、残念ながら霞みがかかって御嶽山や乗鞍岳などの遠望がきかない。
しかしながら、初冬の山登りとしては「紅葉」も楽しめて、ラッキーだったと思う。



<・・・山頂は360度の展望

この日の気温は17度・・・>
お弁当ひろげる家族があとから続々とやってきた




(談)

本当に久しぶりの天王山です。金華山と同様、市民の憩いの山ですね。こういう山は「おふくろ」と同様、思い出しては懐に飛び込みたくなります(^-^)
 

<参考コースタイム>

大矢田神社登山口(45分)天王山(30分)登山口
登り 45分
下り 30分

◆登山形式:往復登山

<見所>

文句なしの眺望、さえぎるものは何一つない。

<注意点>

熊出没注意の看板が・・・(対策としては、鈴やラジオを鳴らしながら歩くといいでしょう)

<アプローチ>

マイカー利用が便利。岐阜市内からは長良川右岸堤防をひたすら美濃市に向かって走れば、岐阜美濃線に出る。そこを右折し、少し走ると大矢田神社の標識があるので、左角にサークルKのある信号を左折すれば、そこから約5分で着く。
東海北陸自動車道を利用する場合は、美濃ICを降りてすぐ左折をし、しばらく走ると先ほどのサークルKの信号の手前に大矢田神社の標識があるので、その信号を右折する。


登山日記のメニューへ