登山日記
登山日記のメニューへ

木曽駒ヶ岳(2,956m) 平成26年7月26日 晴れ

中央アルプスの木曽駒ヶ岳は、ロープウェーで標高2,612mの千畳敷まで一気に上れるので
登山入門者に人気の高い山である。また屹立した宝剣岳とカールのお花畑は一見の価値あり。


(千畳敷〜木曽駒ヶ岳ピストン)









中央アルプス初デビューの
お姉さま二人のお供で千畳敷へ。
最初に飛び込んできた宝剣岳と
お花畑の絶景にしばし感動
まずは駒ヶ岳神社で安全祈願。
Hさん無事に登れますように^^
カールの中の遊歩道を
お花を見ながら八丁坂まで歩く。
現地ガイドのお話によると
今年は雪解けが遅く、花の開花が
一週間ほど遅れているとか。
 
 









クロユリ ミヤマキンバイ アオノツガザクラとイワカガミ
 









八丁坂の下で「え〜これ登るの?」
といわんばかりの背中^^;
息切れして後ろを振り返れば
富士山と南アルプスの絶景あり
ハクサンイチゲが励ます

 









キバナノコマノツメ やっとの思いで乗越浄土。
第一関門突破でばんざ〜い
宝剣山荘でちょこっと一休み
してから次の中岳目指す。
 









中岳のゴロ岩が見えてきた。
まだ余裕のDさん、足が軽やか(^^)
中岳頂上!
第二関門突破でニヤ^^
目指すは駒ヶ岳だ!
せっかく登ったのにまた下るの?

 









コマウスユキソウ
日本のエーデルワイス
コマクサ
花の女王らしく気品がある
山頂付近にミヤマシオガマ
タカネシオガマに似るが、
葉の小葉も羽状に深裂するのが違い
 









苦しい登りも花を見つけながら
一歩ずつ歩けば山頂が見えてくる。
ふ〜、よ〜く頑張ったねー
と三人で握手を交わす
同窓会で自慢する記念写真を撮らなきゃ!とHさん。なんて言ったって自慢するには証拠写真がなくっちゃ!
これぞご満悦の瞬間、パチリ
やったね〜w(^^)w
 
 
 









帰りは中岳の巻き道を通る。
楽だと思ったら難所があった(@@;)
連続した岩場の通過で足もすくむ。
岩場が苦手なDさん、ちょっとびびる。切り立った岩場が苦手な人は
この巻き道は避けた方がいいかも。
反省反省(^^; 
宝剣山荘についてほっと一息。
でも千畳敷に下ればロープウェーは
1時間半待ち(-_-;)覚悟してたけど・・
最後の〆は温泉で極楽気分
Hさん、Dさんお疲れ様でしたー(^^)v
 
(談)
天気予報に反して朝からピーカンの素晴らしいお天気に恵まれました。
また上記紹介以外にもたくさんのお花が咲いていて、登りの辛さ・暑さを忘れさせてくれました。
まだまだお花はこれからが本番です。8月初旬にお出かけください。

駒ヶ岳ロープウェー 
 
木曽駒ケ岳☆国土地理院地形図


<参考コースタイム>

◆登山形式:周回

・8時30分スタート
・14時20分帰着
千畳敷 乗越浄土 中岳 木曽駒ケ岳 乗越浄土 千畳敷
8:30 10:00-10:20 10:50 11:50-12:00 12:55-13:15 14:20


1日の行程時間 約5時間50分

<見所>

千畳敷カールのお花畑、南アルプスや富士山の展望、稜線上にでてからのパノラマ展望は素晴らしいです。

<注意点>

(1)乗越浄土〜中岳〜駒ヶ岳の登山道でのガスは道迷いになりやすいのでホワイトアウトの時は要注意です。
(2)土日、お盆中など、帰りのロープウェーは整理券が配布され1時間、2時間待ちは覚悟してください。避けたい方は午前中にロープウェーを降りるか、平日に訪問してください。

<アプローチ>

駒ヶ根ICから右折し駒ヶ根高原方面へ車を走らせると5分ほどで右手に菅の台バスターミナルが見えてきます。駐車代1日500円。菅の台〜駒ヶ岳ロープウェーの乗車料金は往復3900円
★伊那バス時刻表はこちら

<下山後の入浴>
こまくさの湯



登山日記のメニューへ